×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セルライトとは

最近よくテレビなどで取り上げられるようになったセルライトという言葉。セルライトとは具体的にどんなものなのでしょうか。簡単に言うとセルライトとは「脂肪のかたまり」という意味です。血行が悪くなると、皮膚の下の脂肪細胞の代謝が衰えて脂肪細胞が肥大化します。この脂肪細胞が老廃物と絡み合っていきます。それがセルライトに変化してしまうのです。脂肪部分に厚みができてきて肌の表面がデコボコしてきます。それがセルライトのできた証拠です。症状が悪化すると肌の表面がオレンジの皮のように見えるので、「オレンジピールスキン」と呼ばれることがあります。ただ表面がデコボコしてくるのは、セルライトの症状が悪化してからです。見ただけではわからないうちに実際にはセルライトが生成されているということがあります。セルライトの解消は通常のダイエットではできませんので、きちんとした除去の対策が必要になります。女性の約8割はセルライトがあるといわれ、女性に多いというのが特徴だといえます。また身体の中ではとくに皮下脂肪が多い部分である太もも・ふくらはぎ・お尻などにできやすいので注意しましょう。その他にもお腹や顔にできるセルライトが最近話題になっています。セルライトは運動不足によって血行が悪くなりがちな成人女性に多いものです。日々の運動不足解消を心がけることがセルライト予防につながるといえるでしょう。。

セルライトの原因

セルライトの原因は様々ですが、「運動不足」「加齢」「むくみ」「冷え性」などがあげられます。身体の血行が悪くなること。これがセルライト生成の一番の原因です。そして「加齢」や「運動不足」が血行を悪くする原因になるといわれています。さらに「むくみ」や「冷え」も血行が悪くなる原因になってしまいます。セルライトができやすい部分が「太もも」「お尻」など下半身に集中しているのも、下半身の血行が悪いためです。そして脂肪細胞というものがセルライトのできる原因に大きく関係してきます。この脂肪細胞とは体内での脂肪の合成、分解、蓄積を行うものです。脂肪細胞の脂肪蓄積量が増加すると体脂肪率が上がっていきます。それが肥満の原因です。他の細胞と違って、脂肪細胞はいったん数が増えてしまうと、ほとんどなくなったり減ったりするとはないのが特徴です。体重を減らして見た目は痩せても、体内は脂肪細胞が減らないということなのです。ということはセルライト除去の必要性はずっと続くことになるのです。またとくに運動不足になりやすい大人の女性にセルライトができやすくなるには理由があります。それは脂肪細胞が若いうちだけではなく、一定の年齢を過ぎても増殖し続けるからなのです。セルライトを解消する対策をするためには、このようないろいろな原因をふまえ考えていくことが重要だといえるでしょう。

太もものセルライトを増やさないために

太もものセルライトは、いったんできてしまうとなかなか取り除けないものなのです。セルライトはそのままにしておくと、肩こりや腰痛を引き起こすことになります。それからむくみや冷え性などがある場合、その症状をさらに悪化させたりもします。太ももなどのセルライトを増やさないためには、定期的に体を動かす事が一番良い方法です。しかし、運動を定期的に行うことが難しいときは、体の内側、外側の両方とも冷やさないことが大切です。まず血行不良を改善するために、お風呂に入ったときなどに体をよく温めるようにしましょう。そして同時に太ももをしっかりマッサージすることで、セルライトを増やすことは防げます。それから、老廃物を排出しやすい体を作るために、水分をしっかり摂らなければなりません。規則正しい生活をすることも体質改善には重要です。偏らない食生活をするのも効果的です。塩分を多く摂る食事をしていても太もものセルライトは増えていくので、なるべく、塩分を控えた食事をすることがよいと思います。規則正しい生活をし、体を冷やさない、定期的に運動を行う、このことを守っていれば、太もものセルライトが増えることはないです。

Copyright © 2007 セルライトとは